HOME > 経営リスク対策 NEWS > 地震保険と火災保険どちらで補償される?こんな場合は?

経営リスク対策 NEWS 企業のリスクコンサルティングについて考える

地震保険と火災保険どちらで補償される?こんな場合は?

熊本県を中心とした地震により被害を受けられた皆さまへ

このたびの熊本県を中心とした地震により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されますことをお祈り申し上げます。


さて、弊社にも地震保険関係のお問合せがございましたので、情報提供で記事を書かせていただきます。
地震と火災.jpg
※写真はイメージです。

■ 建物が倒壊した場合は?

地震が原因で建物が倒壊した場合は、火災保険だけでは補償することができません。
火災保険とご一緒に地震保険にご加入いただくことが可能です。
保険金は、実際の修理費ではなく、損害の程度に応じて、ご契約金額の100%、50%、5%がお支払いの対象となります。

■ 火災が発生した場合は?

地震が原因で火災が発生した場合も、基本的には火災保険だけではお支払の対象となりません
地震火災費用という特約で、少々、お見舞い金が出る場合があります。

■ 土砂崩れが発生した場合は?

こちらも地震が原因での土砂崩れの場合は、残念ながら補償の対象となりません。

■ 地震保険は必要保険?

地震が原因での建物と家財の損害を補償します。
「地震保険に関する法律」に基づいて、政府と民間の損害保険会社が共同で運営している制度です。
・利潤をいただかず、皆さまの保険料は準備金として積み立てられています。
・地震災害による被災者の生活の安定に寄与することを目的としています。

ご参考:財務省ホームページ「地震保険制度の概要」

地震保険にご加入いただいている場合は、損害があった場合に、生活の再建資金とすることが可能です。
まだまだ、ご案内が行き届いていないこともあろうかと思います。
少しでも多くの方に、情報が届けば、と思います。

キキ・コンサルティング
代表 石田 由紀子

メルマガ購読
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
お問い合わせ

ページの先頭へ

健康企業宣言しました
健康企業宣言しました
経営リスク対策 NEWS 企業のリスクコンサルティング
キキ・ダイアリー
事故時のご連絡先

サイト運営者

代表取締役 石田 由紀子

AIG損害保険株式会社
東京地区代理店会 副会長

AIG損害保険株式会社
新宿代理店会 相談役

会社概要

株式会社 キキ・コンサルティング

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-5-1
アルテビル新宿8F

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00

TEL:03-5357-7844
FAX:03-5357-7842

アクセス方法

公共交通機関をご利用の場合

JR「新宿」駅から徒歩7分
都営新宿線、丸の内線・副都心線「新宿三丁目」駅から徒歩5分
丸の内線「新宿御苑前」駅から徒歩5分

アクセスマップ