HOME > 経営リスク対策 NEWS > 経営者個人に対する訴訟リスクとは?

経営リスク対策 NEWS 企業のリスクコンサルティングについて考える

経営者個人に対する訴訟リスクとは?

2015年5月改正会社法が施行されました。
簡単に言うと、親会社が子会社の責任を負う範囲が広がりました。

それに伴い、役員に対する訴訟リスクに注目が集まっています。
会社の経営者として、確認しておきたいことをまとめました。

キキコンサルティング 石田由紀子 D&O保険 役員賠償責任保険 


■ 役員個人の財産を守る!


突然ですが、皆さんは次のいくつの項目をご存知でしょうか?

・会社の経営に伴い、役員個人が賠償責任を負う

・役員在任中の責任は10年という長さにわたっておよぶ

・しかもその責任は時に家族にまでおよぶ

・こうした場合に役員の個人資産を守る保険がある


■ 役員責任と相続


役員が「任務を怠ったときは」、任務を怠ったことによって生じた損害を賠償責任を負います。
「任務懈怠責任」を追求されることになります。
この責任を負う者が複数いる場合は、連帯債務となります。

連帯債務を負う可能性のある個人は

1:取締役、監査役、執行役、会計参与

2:管理職従業員、社外派遣役員

そして・・・1・2の相続人です。

会社を含めて複数の資産があり、相続人が複数人いる場合、相続放棄の判断をするかは極めて難しい判断になります。
もし、訴訟に勝ったとしても高額の弁護士費用が発生します。
何しろ10年間にもわたる長いリスクとなります。
相続されたご家族が責任を問われて、高額の損害賠償金の支払を命じられた事例も数多くあります。
「忘れた頃に・・・」と、ならないために経営者には経営者の保険がありますので、詳細はお問合せください。

D&O 役員賠償責任保険 .jpg


キキ・コンサルティング
代表 石田 由紀子

メルマガ購読
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
お問い合わせ

ページの先頭へ

健康企業宣言しました
健康企業宣言しました
経営リスク対策 NEWS 企業のリスクコンサルティング
キキ・ダイアリー
事故時のご連絡先

サイト運営者

代表取締役 石田 由紀子

AIG損害保険株式会社
東京地区代理店会 副会長

AIG損害保険株式会社
新宿代理店会 相談役

会社概要

株式会社 キキ・コンサルティング

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-5-1
アルテビル新宿8F

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00

TEL:03-5357-7844
FAX:03-5357-7842

アクセス方法

公共交通機関をご利用の場合

JR「新宿」駅から徒歩7分
都営新宿線、丸の内線・副都心線「新宿三丁目」駅から徒歩5分
丸の内線「新宿御苑前」駅から徒歩5分

アクセスマップ