HOME > 経営リスク対策 NEWS > 自社の水害リスクを調べたことはありますか?

経営リスク対策 NEWS 企業のリスクコンサルティングについて考える

自社の水害リスクを調べたことはありますか?

経営者の皆さま、こんにちは。
キキ・コンサルティング代表の石田です。

梅雨が明けても長雨が続きますが、自社の水害リスクについて調べたことはあるでしょうか?
今回は、災害こそ事前の備えが肝、増加傾向だからこそ、早めの水害対策を!
という記事を書きたいと思います。
豪雨.jpeg

■ 大雨・豪雨が増加傾向

季節外れの雪や、40度に迫る酷暑など...近年、異常気象が増えています。

特に、増加傾向にあるのが「大雨・豪雨」です。

気象庁の調べによると
「傘が役に立たなくなるほどの激しい雨」の発生件数は10年間の平均を比較すると
ここ45年間で1.9倍に増加しているそうです。

■ ある老舗旅館の事例

万が一、企業が豪雨の影響を受け、浸水に巻き込まれてしまえば 甚大な被害を受けることは間違いありません

とある老舗旅館では、局地的豪雨により約1か月間の営業停止を強いられたそうです。
同社の売りであった歴史的な建物の浸水、さらには、設備の故障など物的な損害も大きな痛手となりました。

幸い従業員の命は助かりましたが、彼らの人件費をどうやって守るか...
経営者は頭を悩ませました。

しかし、この老舗旅館は売上ゼロにもかかわらず
従業員の生活を守りながら旅館の復旧を成し遂げたのです。

その裏には、水害リスクを想定して2年ほど前に加入していた
「損害保険の備え」があったといいます。

■ 国土交通省ハザードマップ

災害には、事前の対策と備えが有効です。

まずは、土地の浸水度が調べられるハザードマップで自社の水害リスクを予測してみてはいかがでしょうか?

国土交通省ハザードマップ
https://disaportal.gsi.go.jp/

■ 万が一の時のリスク管理を

今回は、水害対策についてお伝えしました。

対策の一例として、事業の継続に不可欠な機器は、高層階に置くなどの工夫をしている企業もあるようです。

ぜひこの機会に対策を検討してみてください。
会社の「存続」と「発展」のために。

社長ピンクスーツ全身.jpg

キキ・コンサルティング
代表取締役 石田由紀子

メルマガ購読
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
お問い合わせ

ページの先頭へ

中小企業庁事業継続力強化計画認定を取得しました
経営リスク対策 NEWS 企業のリスクコンサルティング
キキ・ダイアリー
事故時のご連絡先

サイト運営者

会社概要

株式会社 キキ・コンサルティング
株式会社 キキ・コンサルティング

〒160-0022
東京都新宿区新宿2-5-1
アルテビル新宿8F

営業時間/
月~金曜 9:00~17:00

TEL:03-5357-7844
FAX:03-5357-7842

アクセス方法

公共交通機関をご利用の場合

JR「新宿」駅から徒歩7分
都営新宿線、丸の内線・副都心線「新宿三丁目」駅から徒歩5分
丸の内線「新宿御苑前」駅から徒歩5分

アクセスマップ